データインデックス株式会社

  • TOP
  • クリニックでのご活用事例

クリニックでのご活用事例

クリニックでのご活用事例

適正な処方のサポートを実現するために、DIRの豊富なデータベースライブラリーから、
クリニックでのご活用に適したデータベースをご提案します。

01 処方オーダー・調剤監査

処方オーダー時に腎機能が低下している患者さんの用法・用量チェックをしたい。

腎機能低下時の用法用量について、添付文書の記載に基づくデータをご用意しています。
患者さんの腎機能検査値や腎機能の状態に応じたチェックを行うことが可能です。

利用するデータベース例

など

基本的な処方オーダーチェックにはどのような種類がありますか?

相互作用や成分重複、薬効重複、用法用量など、電子カルテで実施する基本的なチェックデータをご案内可能です。

一般名処方用のマスタはありますか?

厚生労働省が発表する「一般名処方マスタ」に個別医薬品コード(YJコード)をリンクした一般名処方用のデータをご用意しています。

利用するデータベース例

など

02 代替薬検索

処方時や、薬剤部のDI業務で代替薬の候補を検索したい。

成分一致や薬効一致などの候補薬を検索できるデータをご用意しています。
適応症や副作用などの情報と組み合わせることで、より適切な代替薬の検索が可能です。

03 薬剤情報提供

患者さん向けの薬の情報を探している。

効能効果や副作用、相互作用情報等、患者さんに伝えるべき情報を取り揃えています。
副作用は、初期症状への展開、重篤副作用疾患別対応マニュアル情報なども保持しています。

04 DI(医薬品情報の検索・閲覧)

DI検索機能に求められる情報を提案してほしい。

添付文書やインタビューフォームなどの基本情報に加え、ドーピング対象薬の検索等発展的な情報のご提案も可能です。

05 診療報酬関連

抗精神病薬の多剤投与など、診療報酬上判別したい薬剤の情報はありますか?

診療報酬改定を反映し、判別にご利用いただける各種情報を保持しています。

ご留意事項

DIRを医療現場でご利用いただくためには、医療情報システム(電子カルテ、レセプトコンピュータ、電子薬歴など)に搭載していただく必要があります。
データインデックスでは、データベースの開発・メンテナンスを行っておりますが、医療情報システムへの組み込みや設定などにつきましては、医療情報システムベンダー様が介在することになります。
DIR導入をご希望の場合は、まず、現在使用されている医療情報システムのご担当者にご相談ください。お取扱いがない場合は、DIRを搭載可能な医療情報システムベンダー様をご紹介させていただきます。

  • TOP
  • クリニックでのご活用事例