データインデックス株式会社

  • TOP
  • 会社情報

会社情報

思い

わたしたちの思い

人の命を救うのは、人間です。その人間を支えるのは、データやシステムです。そんな信念のもと、データインデックス株式会社は始まりました。私たちは確かな知識とテクノロジーにより質の⾼いデータベースを創出し、情報を通じて日本の医療に貢献したいと考えています。そして、現場のIT化を牽引する存在を目指します。

企業理念

Philosophy

私たちデータインデックスは、『医療への思い』を心に秘め、
情報を通して医療に貢献します。

Vision

薬剤師や専門スキルを持つスタッフにより質の高いデータベースを構築します。
常に最新の情報を通して、ステークホルダーの皆様に価値ある製品とサービスを提供します。

会社概要

会社名

データインデックス株式会社

所在地

〒105-0012 東京都港区芝大門二丁目5番5号
住友芝大門ビル11階

資本金

7,500万円

主要株主

株式会社JMDC

創業

1985年

主たる業務

医薬品データベースの開発・研究および販売

社員保有資格

薬学系

  • 薬剤師
  • スポーツファーマシスト
  • 診療情報管理士
  • 医療情報技師

エンジニア

  • データベーススペシャリスト
  • 応用情報技術者
  • 基本情報技術者
    (旧 第二種情報処理技術者を含む)

主要取引銀行

三井住友銀行 浜松町支店

役員等

代表取締役社長 CEO 提橋 由幾
取締役 COO 兼田 太郎
取締役 松島 陽介
取締役 山元 雄太
監査役 氏原 工太郎
顧問 提橋 正博
顧問 鈴木 聡子

アクセス

データインデックス株式会社

〒105-0012
東京都港区芝大門二丁目5番5号 住友芝大門ビル11階Google map

※住友不動産芝大門2丁目ビルとは異なりますので、ご来訪の際はご注意ください。

経営陣

代表取締役社長 CEO

提橋 由幾

慶應義塾大学総合政策学部卒。株式会社メディヴァにて医療機関の開業、経営支援、ターンアラウンド、企業向けの戦略コンサルティング等に従事。その後、国内大手メガネチェーン、眼科の医療法人の買収、再生に携わる。エンジェル投資家として、シード、ミドルからレイターのステージのテック系を中心としたスタートアップへの投資を積極的に実施。
2019年6月、データインデックス株式会社 代表取締役社長 CEOに就任。
⼀般社団法人予防医療普及協会 代表理事、⼀般社団法人国際医療健康交流機構(IMH)代表理事、⼀般社団法人日本医療ベンチャー協会(JMVA)理事、NPO法人キッズアートプロジェクト 理事、株式会社GENOVA 社外取締役、医療法人社団One-for-all 監事。

取締役 COO

兼田 太郎

⼀橋大学経済学部卒。1994年に住友商事株式会社に⼊社し、主として船舶や航空機関連の⾦融業務に従事。2005年に日本GE株式会社に移り、航空機やエネルギー分野で投融資案件をリード。2010年に省エネ機器開発ベンチャーの代表に就任。
2016年よりベンチャー投資ファンドを運営。
2019年6月、データインデックス株式会社 取締役 COOに就任。

取締役(非常勤)

松島 陽介

(株)JMDC代表取締役社長

取締役(非常勤)

山元 雄太

(株)JMDC取締役副社長

監査役(非常勤)

氏原 工太郎

(株)JMDCキャピタル

コアメンバー

栗原 輝子

1995年、調剤薬局チェーン入社。調剤薬局の店舗で調剤業務、服薬指導等に従事。管理薬剤師、薬局長として薬局マネジメントを行う。
2003年にデータインデックス入社以降、10数年間にわたってデータベースの新規開発やメンテナンス業務に一貫して従事し、多くのデータベースを担当する。
豊富な経験を生かしたデータベースのメンテナンス能力は社内随一で、現在は柴崎とともにリーダーとして知識開発グループを統括する。
薬剤師、スポーツファーマシスト、診療情報管理士。散歩と漫画が趣味。

奥 覚子

2002年、北見赤十字病院入職。薬剤部で調剤業務・病棟業務等と並行し、がん化学療法レジメン管理、DI室業務等に従事。
2010年にデータインデックスに入社、開発部門でデータベースの新規開発やメンテナンス業務に従事。2016年に営業部門へ異動以降は、データベースの製品説明に留まらず、ロジック設計を含むデータベースの有効活用に関し顧客へのコンサルテーションを数多く行い、顧客から厚い信頼を得ている。
営業グループのリーダーとして、顧客の初期検討への対応から導入後のフォローまで営業活動を広く統括。

鍋田 啓太

芝浦工業大学大学院工学研究科卒。大学院在籍中は、自然言語処理やテキストマイニング技術を用いた、医薬品添付文書テキストデータからのキーワード抽出やデータ構造分析等に関する研究に従事。厚生労働科学研究の研究班にも参画。
2012年にデータインデックス入社。新規データベースの開発業務に従事するとともに、データ処理に関する広範な知見を生かして、当社独自のシステムの改良・開発をリードしている。
博士(工学)、データベーススペシャリスト。現在の楽しみは二児との外出。

柴崎 光太郎

東京理科大学大学院薬学研究科卒。
2006年にデータインデックスに入社し、マネージャーとして開発部門をリード。2010年に地元の山形県に戻り、家業の薬局経営(4店舗)を8代目として引き継ぐ。薬剤師業務の傍ら薬剤師会活動、学校での喫煙防止教室、市民公開講座等の地域活動も行っている。
2020年に薬局経営を継続しつつ当社へ復帰し、現在は栗原とともにリーダーとして知識開発グループを率いる。
山形県薬剤師会常務理事兼ICT化推進グループ長、北村山地区薬剤師会会長、山形県薬物乱用防止指導員、スポーツファーマシスト。趣味は猫と遊ぶこと。