プレスリリース

2021.4.9 ワクチン接種によるアナフィラキシー発症時に注意すべき「β遮断薬リスト」

アナフィラキシー発症時に注意すべき「β遮断薬リスト」を公開

新型コロナウイルスワクチンの副反応には不明な点が多く、重篤なアナフィラキシーを発症した報告もあり、接種会場においては重篤な副反応がみられた際の救急処置薬として、アドレナリン製剤や抗ヒスタミン製剤、副腎皮質ステロイド製剤などを備えることとされています1)。一般的に、アナフィラキシーショック発現時の救急処置薬にはアドレナリン製剤が用いられますが、β遮断薬を服用中の場合はアドレナリン製剤の効果が減弱すると考えられ、代替薬としてグルカゴン投与が有効であるとされています。

アドレナリン製剤の使用時に注意すべき薬剤はいくつか存在しますが、中でもβ遮断薬は高血圧や狭心症などを改善する薬剤として広く使用されていることから、この度、同種同効薬DBよりβ遮断薬を抽出し、「β遮断薬リスト」を公開することに致しました。

こちらからダウンロードすることができます。(Excel形式)
<アナフィラキシー発症時に注意すべきβ遮断薬リスト>

1)厚生労働省 『新型コロナウイルス感染症に係る予防接種の実施に関する手引き(2.1版)』
  https://www.mhlw.go.jp/content/000754242.pdf
ページTOPへ