会社沿革

1988
Drug Intelligence Reinforce『DIR』開発構想
1989
会社設立
1990
医療用医薬品のデータベースを開発
1991
相互作用自動チェックシステムを開発
1993
処方解析ツールを開発
1997
医療従事者向け医薬品の添付文書検索サイト「voh」オープン
1998
薬歴管理オートマトンサイトをNifty「My Drug」、Biglobe「My Drug」にオープン
1999
成分データベースを開発
2000
医薬品と飲食品の相互作用データベースを開発
「DIR相互作用チェックシステム」をリリース
用法・用量データベースを開発
医薬品構造式データベースを国立医薬品食品衛生研究所と共同開発
2001
医療用医薬品と一般用医薬品のデータベースを開発
2002
注射薬に関するデータベースを開発
副作用初期症状データベースを開発
財団法人日本医薬情報センター(JAPIC)と業務提携
2003
レセプト電算(ICD10)病名リンクデータベースを開発
2004
厚生労働科学研究費補助金 医薬品等医療技術リスク評価研究事業(千葉大学大学院薬学研究院)に研究協力
2005
同種同効薬データベースを開発
グループ会社を経営統合し「情報医療」を提唱
2006
CI刷新・オフィス移転
薬物アレルギーデータベースを開発
2007
添加物データベースを開発
2009
厚生労働科学研究費補助金 地域医療基盤開発推進事業にオブザーバーとして参加
厚生労働科学研究費補助金 医薬品・医療機器等レギュラトリーサイエンス総合研究事業にデータベースを提供
2010
厚生労働省 医療情報システムのための医療知識基盤データベース研究開発事業に分担参加
ハイリスク候補薬剤データベースを開発
成分規格分類データベースを開発
2011
栄養管理データベースを開発
問診疾患禁忌病名データベースを開発
2012
問診副作用データベースを開発
先発品後発品一般名処方データベースを開発
改訂情報データベースを開発
外形画像データベースを開発
2013
プライバシーマークを取得
医療情報サーバシステム、医療情報提供方法、およびコンピュータプログラム(特許第5268554号)に関する特許取得
薬品情報提供方法、薬品情報サーバシステム、およびコンピュータプログラム(特許第5317717号)に関する特許取得
2014
オフィス移転
Webサイトリニューアル
英語版Webサイトオープン
粉砕分割一包化データベースを開発
アンチドーピングデータベースを開発
向精神薬候補薬剤データベースを開発
ブランドグループデータベースを開発
2015
一般事業主行動計画を公表
Webサイトの薬の検索をバージョンアップ
タイミングデータベースを開発
薬剤情報提供データベース<英語版>を開発
医薬品リスク管理計画データベースを開発
2016
カラーデータベース<英語版>を開発
処方矛盾データベースを開発
クロルプロマジン換算データベースを開発
在宅自己注射データベースを開発
Webサイトリニューアル
ページTOPへ